<< 野田内閣、今度の番頭さんは頼りになりそうです | main | 成功するには「わかっちゃいるけどヤメラレナイ」に勝たねばなりません! >>

「わかった・やった・やりきった塾」を始めました

2001年、会社再建スタートの時に思った。
この80名の力を、どう集結すれば、赤字即破産という劣悪環境から脱出できるのか。

運よく斎藤嘉則さん(螢哀蹇璽咼后砲暴于颪い泙靴拭
そのとき出した答が「わかった」「やった」「やりきった」のキーワードでした。
斎藤さんの言葉は「ビジネスでは結果がうまくいかなければバリューは無い、しかし“わかること”と“実行できること”の間に大きな溝がある」でした。

幸い、会社は関係者の強力な支援と社長はじめ全社員の必死の努力の甲斐あり自力再生と言う難関を乗り越えることができました。

それから約3年の間、私は、常に経営課題上位に登場してくる「定型事務の効率化」を支援するため、インターネットを活用したサービスの提供を行う会社を設立、運営しながら多くの先輩社長から直接学びました。

その答えも、成功の条件は、学んで、実践して、結果を出す、でした。
学びは出来るが実践して結果を出すのはほんとに難しい、そんな思いの時にセミナーを開いてはというアドバイスを頂きました。

どうせやるなら経営のワークフローに合わせたものをやりたい。
「わかった・やった・やりきった」も「学ぶ・実践する・結果を出す」も共に経営のワークフローである。

昨年の国税庁発表では法人数約261万社中、72.8%が欠損法人とのことです。

そんな厳しい環境ですが、これから創業されるかたを始め、皆さまと経営を一緒に学んで、共に、先輩社長の言われるように、赤字会社からまずは黒字会社へそして景気に左右されない会社に、それから社会貢献できる会社、へとステップアップ出来る会社にしたいものです。

社長を中心に皆が「わかった」と「やった」の違い、更に「やりきった」との違いを認識しながら実行すれば会社は必ず強くなる。
「わかった・やった・やりきった塾」はそんな思いでスタートしました。
(塾の詳細はワークフロー研究所サイトをごらんください。)

経験豊富な先輩社長の成功そして失敗談を塾の中で聞かせて頂きながら、ビジネスの現場には絶対的正解はありえない、ベストを考えるよりもベターを実行する、で塾を進めて行きたいと思います。
皆さまの参加をお待ちしています。

2011.10.8 稲次信男



コメント
100%品質保証!ブランドの専売店
2011秋冬新作商品は販売【超人気質屋】
ブランド財布 グッチ バッグ 腕時計
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
当社の商品は絶対の自信が御座います。
高品質 安心 最低価格保証
商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真!
経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
高品質な商品を超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。
豊富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますのでごゆっくりとご覧ください。

http://Goo.RaKuTeNSs.Info
  • 中村みづほ
  • 2011/10/13 5:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM